診療案内

  • 白内障

    白内障は、目の水晶体部分が白く濁っている病気です。水晶体が濁る主な原因は加齢によるものですが、その他の原因としてアトピー性皮膚炎、外傷、糖尿病などが挙げられます。
    仕事や生活に支障が出ていない初期の場合は、ピレノキシン製剤やグルタチオン製剤による点眼治療が基本です。ただし、薬を使用しても水晶体が透明に戻るわけではなく、あくまで白内障の進行を抑えることが目的です。ご不安な方など、お気軽にまずはご相談ください。

  • 緑内障

    緑内障とは、目から入ってきた情報を脳に伝達する視神経という器官に障害が起こり、視野(見える範囲)が狭くなる病気のことです。治療が遅れると失明に至ることもあります。

  • メガネ

    0.8見えるメガネより1.5見えるメガネの方が良いメガネ。そんな風に思っている方もおられるようですが目的によってベストなメガネは変わってきます。お気軽にご相談ください。

  • コンタクト

    コンタクトレンズは目に直接入れる高度管理医療機器です。量販店などで診察を受けずに使用を続けて元に戻らない後遺症を残すケースもみられます。自分のサイズに合った信頼出来るメーカーのものを選んで頂きたいです。また定期的にコンタクトレンズによる障害が起きていないかチェックを受けて安全で快適な使用をお願いします。
    取扱一覧はこちら

  • 学校検診

    早いうちに眼鏡をかけると近視が進行するのではと悩むことも多いと思います。
    眼鏡をかけるタイミングは、人それぞれ変わってきます。悩まれている方は是非ご相談ください。

  • ドライアイ

    スマホ、パソコンの普及によりドライアイに悩む方が増えてきています。涙の量や質に問題があり、その症状は乾き以外にも痛みやごろつき、流涙と多岐にわたります。もしかしてドライアイかもと気になる方は一度診察を受けてみてください。

  • 眼精疲労

    現代社会の中で目の疲れに悩まされる方は多いと思います。
    これはピントを合わせる力が徐々に失われていることも影響していますが、使用している眼鏡やコンタクトレンズの度数も悪化の原因になります。
    お困りの方は一度確認をさせて頂きます。受診の際は使用している眼鏡、コンタクトレンズをお持ち下さい。

  • 糖尿病

    長らく糖尿病を患っている患者さんで眼科に通院したことがないということで内科から紹介される方がいます。糖尿病の合併症に網膜症があります。治療のタイミングを逃すと治らない後遺症や失明に至ることもあります。発症当初は症状がないことも多いので、糖尿病の方は早めの受診をお勧めします。